So-net無料ブログ作成

庭の小枝を使って作った和紙絵を楽しむ電気スタンド [自作自演]

我家の庭にはムクゲの木が二本あって、これから秋まで嫌と言うほど花を咲かせます。

枝にはおびただしい数の花目がついていて、次から次へと花を咲かせる律儀な木。

ムクゲは枝が長細く比較的真っ直ぐに伸びるため、太さもほどほどで曲げ加工しやすく

工作にはもってこいの小枝なのだ。

土暖工房ロゴ3.jpg

小枝や小石を使って楽しい作品作りを楽しんでいる告井土暖の作品は

上の「あらまあバナー」をクリックして

「告井土暖の個人美術館」にて詳細をご覧ください。

楽しい土暖ワールドが広がっていますよ!

ただこの花は一日花で、椿と同じように咲いたらすぐに落ちてしまうので後が大変。
その上、枝がやたらと数多く伸びてうるさいくらいになり、時々思い切って枝打ちをします。

切った小枝は一メートルくらいに真っ直ぐ伸びていて意外と弾力性があり、
ふとこの小枝で何か出来ないかと思いつき試作してみました。


(上部の枯枝はシャリンバイで枝がくねくねとしていて楽しく何かに使おうと思案中)

1個作れば様子がわかり、もうひとつ作ってみることにしました。

捨てるはずの庭の小枝を生かして、意外と楽しく遊ぶ事が出来ました。
しかし、枝を組むのはそんなに難しくはありませんが、枝がでこぼこしているし
直線ではないので和紙を貼る事が難しく苦労しました。

和紙がやっと貼れたところで私の得意な魚の絵を描いてみました。
意外と楽しい電気スタンドが出来たと自画自賛しているところです。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。