So-net無料ブログ作成

目からうろこかも・眼と目の違いが判らないなんて駄目じゃないの [土暖美術館]

色手差し半紙ゆかいかいw.jpg

どんぐり目とはどんぐりのような形をした目なのか?

ならば、栗のような形をした目を栗目というのか?

め は目と書くが、眼ともかく

そこで吾輩は一つの疑問にたどり着いたのである。


目と眼、その違いは何でどう使い分けるのか私は知らない。

そこで久しぶりに愛用の国語辞典を取り出し調べてみた。

しかしながら、そこには違いについてどこにも記載が見当たらないのだ。

ネットでも調べてみたけれど、やはり目(眼)としか書かれていない。

すなわち同じ意味であり、どちらを使用してもよい理解できるが

使い分けとか意味の違いは見当たらない。


通常、同じ意味でも違う文字がほかにあるということは

使い方にも何かしらの違いがあるはずだが、何も見つからない。


考えてみれば単独で「め」という字を書く場合、目と書いても

眼とは書かないと思われるがどうなんだろう。

つまり、「眼」は「がん」と読んで目とは読まないということか?

何か変?


考えてみれば眼科・眼窩・眼鏡・近眼・検眼など眼と付く字は多く目にするが

「目」は目薬・目が肥える・目利き・目も当てられない・・と

目そのものの意味より、たとえとして使う場合が多いのか?


なーんて、普段あまりものを考えない駄目人間が珍しく考えたが

「黒目」の場合、なぜ目そのもののことなのに黒目と書くのか

また考え込んでしまって日が暮れてしまった。


空飛ぶ魚(額入り).jpg

「空飛ぼう 今夜は月の 美しい晩だから」



素敵な言葉と絵を数多く展示しております。

まず上のリンクをクリックしてホームページでご覧ください。












nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。